心の根っこを育てる保育…

認定こども園として平成23年4月より生まれ変わりました。

平成23年4月1日より、認定こども園 ひなぎくこども園としてスタートしました。
中身は、「ひなぎく保育園(長時部)」と「ひなぎく幼稚園(短時部)」の二本立て。
日々、長時部と短時部とが交流をしながら、生活を送っていきます。

園での主な活動と流れ


「認定子ども園」、簡単に言えば幼稚園と保育園が一つになったものです。短時部は3~5歳児、長時部は6ヶ月~5歳児の受け入れとなります。定員は、長時部210名と短時部40名となっています。当園は長時部短時部共に、完全給食を予定しています。


違いは以下の通りです。
降園時間 長時部は、16:30+延長保育 短時部は14:00まで
長期休暇 長時部は原則なし(年末年始休暇をのぞく)、短時部は春・夏・冬の長期休暇があり
保育内容については、長短混合クラスで、同じ生活をします。


市役所に申し込みは原則です。保育所は原則として、就労や介護等で保育に欠ける子ども。幼稚園は特に規定はありません。定員を超えた場合は、保育園は、就労等の状況によって判断されます。幼稚園は、新年度の申し込みで定員を超えた場合はガラガラ抽選、途中入所は待機と空きがあれば入れます。


幼稚園と保育園と混合クラスということもあり、一緒に「こども園」として行事を行う予定をしております。子どもたちはいつも一緒に遊んだり、生活をしていますので、あえて分ける必要性はないと考えています。但し、保育園の保護者は就労が前提なので、ほぼ土曜日が大きな行事開催の中心となります。


フリーガーデン(未就園児対象)は、ほぼ毎月1回(土曜日)です。4月末か5月頭に申し込み期間があります。
平成24年度のフリーガーデンの申し込みは、4月19日・20日に申し込みがありました。
一時預かり保育については、現在未実施で、実施予定については見通しがついていない状況です。


感染性の病気を出来るだけ広めないように取り組んでいます。(皆様に衛生費としてご協力を頂いています)
手ふきタオルを集めて掛けると菌の感染拡大になることから、手洗い時にペーパータオルを使用しています。
感染性の病原菌に対し殺菌作用のある手洗い石けん(こどもの手に優しく、病院でも使用されているもの)を使用しています。
その他、おもちゃやお部屋等の殺菌(サナマックス)も行っています。

ページの先頭へ